夜行バスを利用する場合のメリットとデメリットの両方を理解しておかないと利用が苦痛になるということ

安く移動ができる夜行バスのススメ。

安く移動ができる夜行バスのススメ。
安く移動ができる夜行バスのススメ。

夜行バスのメリットとデメリットを両方理解しておこう

夜行バスは夜間に都市間を高速道路を利用して走行するバスであります。この公共交通機関のメリットは鉄道や航空に比べて少人数でも採算がとりやすいので路線設定がしやしく運行継続がやりやすい点にあります。また走行可能な道路さえあればどんなルートでも走行できるという柔軟さもあります。そして利用者側からしてみれば運賃が安いことも利用者の獲得をつなげていたりします。

そんなこれらのメリットを有する夜行バスですが、しかし逆にデメリットもあることを忘れてはなりません。そのデメリットの1つ目は走行中は身動きがやりにくい点にあります。またバスによってはトイレがない場合もあるので途中の休憩地点まで我慢しなければならない場合があります。また道路走行なので他の交通機関に比べると座席に座っていても少々落ち着きにくいという点があります。そして大半は夜間運行でも座席なので鉄道の寝台みたいにゆったりと休めません。また途中で運転士の休憩や交代を兼ねたサービスエリアでの休憩がありますが、そこでのんびりしすぎるというわけにはいきません。出発時刻よりも相当早く戻って来ないと置いてけぼりを喰らう可能性があります。出発の際に人数確認をしないのです。理由は寝ている人の座席までお邪魔して睡眠の邪魔をするわけにはいかないからです。ついでに利用の際は付属サービスについての詳細も調べておかないとなりません。過去に利用できていたサービスも現在は廃止されていることも充分にあり得るからです。その両方を理解できて快適な利用ができるのであります。
Copyright (C)2017安く移動ができる夜行バスのススメ。.All rights reserved.