夜行バスだと眠れない、という人は、アイマスクや耳栓、ネックピローなどを使ってみるといいでしょう。

安く移動ができる夜行バスのススメ。

安く移動ができる夜行バスのススメ。
安く移動ができる夜行バスのススメ。

夜行バスはアイマスクと耳栓を使ってみよう

夜行バスは安くて便利なのですが、どうしても寝心地が悪いというのがあります。夜になると消灯しますが、それでも外から明かりが漏れてきたり、近くの席の人がスマートフォンをいじったりして、そういう光がやけに眩しく感じられ、イライラしたりする人もいます。もちろんそれはマナー違反なのですが、他人にイライラしたりするよりはアイマスクを持って行ったほうがいいかもしれません。ちょっとした光なら遮断できますし、目が隠れているというのは意外と安心するものです。眠っているときに目が開いてしまうのが気になる、というような人にも使えるアイテムです。それと同時に、耳栓も便利です。どうしてもたくさんの人がいる空間なので、誰かがごそごそ動いていたり、いびきをかいたり、鼻をかんだりということがあります。

いちいち気にして眠れないのはばからしいので、耳栓で最初からシャットアウトしておきましょう。簡単な耳栓なら100円ショップなどでも買えます。それから、後ろの人に気兼ねして座席をリクライニングできないこともあります。これだと首が痛くなって寝づらいので、ネックピローがあると助かります。大きなネックピローがかさばる場合には、スポーツタオルを首に巻いても同じ効果があります。

おすすめ!

Copyright (C)2017安く移動ができる夜行バスのススメ。.All rights reserved.