夜行バスで移動すると、次の日だるいことがあります。朝銭湯に寄ったりすると快適に活動できます。

安く移動ができる夜行バスのススメ。

安く移動ができる夜行バスのススメ。
安く移動ができる夜行バスのススメ。

夜行バスで次の日快適に活動するには

夜行バスで移動すると、次の日どうしても時差ぼけのようになってだるく、観光なども楽しめないことがあります。そうならないためには、とにかくバスの中でなるべく寝ることです。アイマスクや耳栓、枕などを用意して、なるべく快適な状態を作り出し、一時間でも良いので熟睡するといいでしょう。眠れないからと言ってスマートフォンなどをいじっていると疲れがたまるので、目をつぶるだけでもいいでしょう。そして、朝目的地についたら、銭湯に寄ってお風呂に入るとしゃきっとします。目も覚めますし、体も温まります。何となく同じ姿勢で体が固まっていたのもほぐれます。目的地に早朝からやっている銭湯がないか、調べておくと良いでしょう。場合によっては、スーパー銭湯などでお風呂に入ったあと仮眠室で1時間くらい眠るともっと回復します。

もし銭湯が無理なら、顔をしっかり洗うだけでも気分が変わります。バスの中で飲食をしていなくても、歯を磨いて顔を洗い、しっかり身支度を整えましょう。迷惑にならない場所で体操をして体をほぐすのも効果的です。寝起きの状態を引きずって観光しても疲れるだけなので、バスの疲れをなるべく回復させるようにつとめると良いでしょう。

おすすめ!

Copyright (C)2017安く移動ができる夜行バスのススメ。.All rights reserved.